お知らせ

ホーム > お知らせ・メンテナンス > NCD施設会費未納入に関する重要なお知らせ

2017.11.01

お知らせ

NCD施設会費未納入に関する重要なお知らせ

施設会費未納に対する各種手続きについて

会員の皆様には平素より多大なるご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

NCD施設会員規則及び会費細則により、施設会費未納の施設におきましては、次の手続きが履行されます。未納の施設におかれましては、早急に施設会費を納入くださるようお願い申し上げます。そのほか、NCD施設会員に関する詳細および会費算出方法などに関する情報は、こちらのページよりご確認ください。

合計で2年分の施設会費が未納の施設への対応について
未納期間が合計2年間(連続・不連続問わず)の場合、当該施設は「NCD施設会員資格」を喪失します。それに伴い、「NCD施設会員資格」を喪失した施設は、外科専門医制度において基幹施設・連携施設になれないほか、個人医師による専門医申請の際に当該施設で実施された全症例(2011年〜現在まで)は利活用できませんので予めご了承ください。

 

《NCD施設会員資格再取得・データ利活用再開方法について》
合計2年間(連続・不連続問わず)施設会費未納のため「NCD施設会員資格」を喪失した施設においては、未納会費を全納いただければ会員資格を復活でき、データの利活用が可能になります。お支払い方法につきましては、下記「支払い方法について」をご確認ください

《施設会費のお支払い方法について》
毎年の請求書は施設長宛に送付しております。恐れ入りますが、施設内にて請求書をご確認の上、各種条件に沿ってお支払い手続きをお願い申し上げます。請求書の再発行およびご質問等はページ最下部にある「施設会費に関するお問い合わせ」フォームよりご連絡ください

1)支払期限が過ぎている場合
必ず請求書再発行の連絡を「施設会費に関するお問い合わせ」フォームよりお願いします。

2)支払期限内の場合
お手元の請求書でお支払いが可能です。



2017年8月1日に開催された日本外科学会専門医制度委員会の会議にて、施設会費納入に関して討議されました

【2017年度 第一回 日本外科学会専門医制度委員会議事録より当該議題の箇所 <抜粋>】 
NCD代表理事でもある岩中委員から、NCD施設会員規則に基づく施設会費未納の場合の外科専門医制度上の取扱いについて以下の報告があり、その方針を本委員会としても合意した。

・NCD施設会員規則の第4条に「施設会費の納入義務を2年以上履行しなかった施設会員は、その資格を喪失する」旨が規定されているが、実際に累計2年間の会費未納の施設は会員資格を失い、過去(2011年以降)に遡ってすべての登録データの利活用できなくなるので(会費を納入した年の分の登録データは利活用できるという訳ではない)、その場合は専門研修プログラムの基幹/連携施設になることができない。

・会員資格を失った施設の登録データは、外科専門医の新規/更新の申請にも使用できない。ただし、現場の混乱を避けるため、会員資格を失った施設においては、当該の登録画面で“施設会費未納のため登録データの利用に支障を来たしているので、診療科長に会費納入の現状を確認してください”という旨のアラームを表示し、なるべく直接NCD事務局へ照会がないように工夫したい(施設会費が完納されれば画面上のアラームは消える)。

・会員資格を失った施設が会費未納分を完納すれば、会費を支払わなかった事由を勘案した上で、会員資格の復活を認めることとし、すべての登録データが再び利活用できることとする。

・閉院になった施設や、統廃合で医療機関コードが変わった施設などにおいては、会費が完納されていれば、恒久的に登録データの利活用を認めることとする。


 

施設会員に関しては下記の「施設会員」についてのページでご確認くださいませ
http://www.ncd.or.jp/start/about_facilitymember.html

<会費問い合わせフォームへ>
https://www.ncd.or.jp/contact/medical/facilitymember

<よくある質問「施設会員について」>
http://www.ncd.or.jp/faq/cat9/

 

 

一般社団法人National Clinical Database

お知らせ・メンテナンス

PDF形式のファイルを閲覧できない場合は、adobe readerをお使いのPCにインストールしてください。
上記のアイコンをクリックすると、adobe readerを入手できます(無料)。